あまづる 意味

発音を聞く:
  • 【甘蔓】
    (1)ブドウ科の落葉つる性木本。中部以西の山野に自生。葉は三角状卵形。果実は秋に黒熟し,食べられる。オトコブドウ。
    (2)ツタの異名。

  • あま-づる:    [0][2] 【甘蔓】(1)ブドウ科の落葉つる性木本。中部以西の山野に自生。葉は三角状卵形。果実は秋に黒熟し,食べられる。オトコブドウ。(2)ツタの異名。
  • あまづたう:    【天伝ふ】 大空を渡る。 「ひさかたの―・ひ来る雪じもの/万葉 261」 ; 【天伝ふ】 「日」「入り日」にかかる。 「―日の暮れ行けば家をしそ思ふ/万葉 3895」
  • あまづら:    【案摩面】 舞楽「案摩」の答舞「二の舞」に用いる腫面(ハレオモテ)の女面。また,それをかたどったもの。

隣接する単語

  1. "あまつ-みこと" 意味
  2. "あまつ-みず" 意味
  3. "あまつ-やしろ" 意味
  4. "あまづたう" 意味
  5. "あまづら" 意味
  6. "あまてらす" 意味
  7. "あまてらすおおみかみ" 意味
  8. "あまてらす-おおみかみ" 意味
  9. "あまてる" 意味
  10. "あまづたう" 意味
  11. "あまづら" 意味
  12. "あまてらす" 意味
  13. "あまてらすおおみかみ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社