あまてらす-おおみかみ 意味

発音を聞く:
  • ―オホミカミ
    【天照大神・天照大御神】

    記紀神話の神。女神。伊弉諾尊(イザナキノミコト)の子。太陽の神格化。皇室の祖神。伊勢の皇大神宮に主神としてまつられる。天照神(アマテルカミ)。大日孁尊(オオヒルメノミコト)。大日孁貴(オオヒルメノムチ)。

  • あまてらすおおみかみ:    【天照大神・天照大御神】 記紀神話の神。女神。伊弉諾尊(イザナキノミコト)の子。太陽の神格化。皇室の祖神。伊勢の皇大神宮に主神としてまつられる。天照神(アマテルカミ)。大日孁尊(オオヒルメノミコト)。大日孁貴(オオヒルメノムチ)。
  • あまてらす:    【天照らす】 〔「す」は尊敬の助動詞〕 (1)天に照り輝いておいでになる。 「―す神の御代より/万葉 4125」 (2)天下をお治めになる。 「平けく安らけく―し治めきこしめす故は/三代実録(天慶四宣命)」
  • あまてる-かみ:    【天照神】天照大神(アマテラスオオミカミ)の別名。

隣接する単語

  1. "あまづたう" 意味
  2. "あまづら" 意味
  3. "あまづる" 意味
  4. "あまてらす" 意味
  5. "あまてらすおおみかみ" 意味
  6. "あまてる" 意味
  7. "あまてるかみ" 意味
  8. "あまてるや" 意味
  9. "あまてる-かみ" 意味
  10. "あまてらす" 意味
  11. "あまてらすおおみかみ" 意味
  12. "あまてる" 意味
  13. "あまてるかみ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社