あまてる 意味

発音を聞く:
  • 【天照る】
    天にあって輝く。空で照る。
    「ひさかたの―・る月は神代にか/万葉 1080」

  • あまてるや:    【天照るや】 「日」にかかる。 「―日の異(ケ)に干し/万葉 3886」
  • あまてる-かみ:    【天照神】天照大神(アマテラスオオミカミ)の別名。
  • あまてる-や:    【天照るや】 (枕詞)「日」にかかる。「―日の異(ケ)に干し/万葉 3886」

例文

  1. 『延喜式』では自然神として神社などに祀られた場合の「天照」は「あまてる」と称されている。
  2. 新屋坐天照御魂神社(にいやにますあまてるみたまじんじゃ)は、大阪府茨木市にある神社である。
  3. 木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)は京都市右京区太秦にある神社である。
  4. 『古事記』に天火明命、『日本書紀』に火明命、天照国照彦火明命、また『先代旧事本紀』には天照国照彦天火明櫛玉饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやのみこと)と記されている。
  5. 『先代旧事本紀』では、「天照國照彦天火明櫛玉饒速日尊」(あまてる くにてるひこ あまのほあかり くしたま にぎはやひ の みこと)といいアメノオシホミミの子でニニギの兄である天火明命(アメノホアカリ)と同一の神であるとしている。

隣接する単語

  1. "あまづら" 意味
  2. "あまづる" 意味
  3. "あまてらす" 意味
  4. "あまてらすおおみかみ" 意味
  5. "あまてらす-おおみかみ" 意味
  6. "あまてるかみ" 意味
  7. "あまてるや" 意味
  8. "あまてる-かみ" 意味
  9. "あまてる-や" 意味
  10. "あまてらすおおみかみ" 意味
  11. "あまてらす-おおみかみ" 意味
  12. "あまてるかみ" 意味
  13. "あまてるや" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社