あまやどり 意味

発音を聞く:
  • 【雨宿り】
    軒下や木の陰などでしばらく雨のやむのを待つこと。

  • あま-やどり:    [3] 【雨宿り】 (名)スル軒下や木の陰などでしばらく雨のやむのを待つこと。
  • くるまやどり:    【車宿り】 (1)貴族の屋敷で,中門の外につくられた牛車(ギツシヤ)や輿(コシ)を入れておく建物。 (2)外出の折,一時,牛車などを寄せて立ち寄る所。休憩用の別宅。 「中川に某阿闍梨といふ人の―に渡らせ給ひて/栄花(鳥辺野)」
  • やどり:    【宿り】 (1)旅先で泊まること。また,その所。 「湖岸に―する」 (2)住むこと。また,その所。 「秋田刈る仮廬(カリホ)の―にほふまで/万葉 2100」 (3)とどまる所。 「花ちらす風の―はたれかしる/古今(春下)」 (4)星の,天体にしめる座。 「星の―」

例文

  1. 『雨やどり』(あまやどり)は、シンガーソングライターさだまさしが1977年3月10日に発表したシングルである。
  2. 例えば「あめふり」、「あまやどり」、「きりさめ」に含まれる「あめ」、「あま」、「さめ」は同じ「雨」という意味を持つ形態素に属していると考えられる。

隣接する単語

  1. "あまもり" 意味
  2. "あまやか" 意味
  3. "あまやかす" 意味
  4. "あまやか・す" 意味
  5. "あまやき" 意味
  6. "あまやみ" 意味
  7. "あまゆ" 意味
  8. "あまよ" 意味
  9. "あまよけ" 意味
  10. "あまやか・す" 意味
  11. "あまやき" 意味
  12. "あまやみ" 意味
  13. "あまゆ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社