あまより 意味

発音を聞く:
  • 【甘縒り】
    糸などの縒り方が,普通よりも縒りの数が少なくゆるやかなこと。また,その糸。

  • あまよ:    【雨夜】 雨の降っている夜。
  • たまより-びめ:    【玉依姫】(「たま」は「魂」の意。神霊を宿した巫女を一般的に称したものか)(1)記紀神話で,綿津見神の次女。姉の豊玉姫命の子鸕鷀草葺不合尊(ウガヤフキアエズノミコト)の妻として神武天皇などを生んだ。(2)風土記に見える神。賀茂健角身命(カモタケツヌミノミコト)と伊古夜日売(イカコヤヒメ)との娘。丹塗矢(ニヌリヤ)となって通った火雷神(ホノイカズチノカミ)との間に,賀茂別雷命(カモワケイカズチノ
  • あま-より:    [0] 【甘縒り】糸などの縒り方が,普通よりも縒りの数が少なくゆるやかなこと。また,その糸。

隣接する単語

  1. "あまよけ" 意味
  2. "あまよのしなさだめ" 意味
  3. "あまよのつき" 意味
  4. "あまよのほし" 意味
  5. "あまよのみこと" 意味
  6. "あまよろこび" 意味
  7. "あまよ-の-しなさだめ" 意味
  8. "あまよ-の-つき" 意味
  9. "あまよ-の-ほし" 意味
  10. "あまよのほし" 意味
  11. "あまよのみこと" 意味
  12. "あまよろこび" 意味
  13. "あまよ-の-しなさだめ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社