あま-おさえ 意味

発音を聞く:
  • ―オサヘ [3]
    【雨押(さ)え】

    屋根と煙突との間,土台と下見板との間などをおおって,雨が入り込むのを防ぐもの。

  • あまおさえ:    【雨押(さ)え】 屋根と煙突との間,土台と下見板との間などをおおって,雨が入り込むのを防ぐもの。
  • おさえ:    【押(さ)え・抑え】 (1)おさえること。また,おさえる物。 「石を置いて―にする」 (2)他人の言動を支配・制限すること。また,欲望などに抗する力。 「新任の課長では―がきかない」「その気になったら―のきかない人」 (3)敵の侵攻を防ぐこと。また,防ぐための備えや軍勢。防備。 「敵(アタ)守る―の城(キ)そと/万葉 4331」 (4)囲碁で,相手が「伸び」または「はね」を打った時,その石の隣
  • あま-さえ:    ―サヘ 【剰へ】 (副)「あまつさへ」の促音「つ」の無表記。「中納言,大納言に経あがつて,―,丞相の位にいたる/平家 1」

隣接する単語

  1. "あま-うけ" 意味
  2. "あま-うり" 意味
  3. "あま-えび" 意味
  4. "あま-えん" 意味
  5. "あま-おおい" 意味
  6. "あま-おち" 意味
  7. "あま-おと" 意味
  8. "あま-おとめ" 意味
  9. "あま-おぶね" 意味
  10. "あま-えん" 意味
  11. "あま-おおい" 意味
  12. "あま-おち" 意味
  13. "あま-おと" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社