あま-さえ 意味

発音を聞く:
  • ―サヘ
    【剰へ】
    (副)
    「あまつさへ」の促音「つ」の無表記。「中納言,大納言に経あがつて,―,丞相の位にいたる/平家 1」

  • あまおさえ:    【雨押(さ)え】 屋根と煙突との間,土台と下見板との間などをおおって,雨が入り込むのを防ぐもの。
  • あまさえ:    【剰へ】 「あまつさへ」の促音「つ」の無表記。 「中納言,大納言に経あがつて,―,丞相の位にいたる/平家 1」
  • あまつさえ:    【剰え】 〔「あまりさへ」の転。近世以前は「あまっさへ」。「あまさへ」とも表記した〕 (1)そればかりか。そのうえに。 「折りからの大雪,―車の故障」「お国と姦通し,―…中川で殿様を殺さうといふ/怪談牡丹灯籠(円朝)」 (2)事もあろうに。あろうことか。 「南都の大衆同心して,―御むかへにまゐる条,これもつて朝敵なり/平家 5」

隣接する単語

  1. "あま-ごしょ" 意味
  2. "あま-ごぜ" 意味
  3. "あま-ごぜん" 意味
  4. "あま-ごもり" 意味
  5. "あま-ごろも" 意味
  6. "あま-さかさま" 意味
  7. "あま-ざかる" 意味
  8. "あま-ざけ" 意味
  9. "あま-ざらし" 意味
  10. "あま-ごもり" 意味
  11. "あま-ごろも" 意味
  12. "あま-さかさま" 意味
  13. "あま-ざかる" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社