あま-ず 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【甘酢】

    三杯酢より甘みをきかせた酢。

  • あまん・ず:    【甘んず】 (動サ変)あまんずる
  • :    「す」の濁音の仮名。歯茎破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と後舌の狭母音とから成る音節。 ; 【出】 ⇒でる ; 【徒】 律の五刑の一。懲役刑。一年から三年まで半年ごと五段階に分かれる。杖(ジヨウ)より重く,流(ル)より軽い。徒刑。徒罪。 ; 【図】 (1)絵。絵画。 (2)地図。図面。 「地形―」「設計―」 (3)〔数〕 点・線・面からなる形。図形。 (4)ねらいどころ。よい機会。 「此―
  • あま:    【天】 「あめ(天)」に同じ。多く助詞「つ」あるいは「の」を介して他の語を修飾し,また直接複合語をつくるときの形。 「―の白雲見れど飽かぬかも/万葉 3602」 ; 【海人・蜑】 魚介をとったり,藻塩を焼いたりするのを業とする者。漁師。古くは海部(アマベ)に属した。あまびと。いさりびと。 「―の釣舟/古今(羇旅)」 ; 【亜麻】 アマ科の一年草。中央アジア原産。高さ約1メートル。夏,白また

隣接する単語

  1. "あま-じ" 意味
  2. "あま-じお" 意味
  3. "あま-じたく" 意味
  4. "あま-じまい" 意味
  5. "あま-じみ" 意味
  6. "あま-ずっぱ・い" 意味
  7. "あま-ずら" 意味
  8. "あま-そうぞく" 意味
  9. "あま-そぎ" 意味
  10. "あま-じまい" 意味
  11. "あま-じみ" 意味
  12. "あま-ずっぱ・い" 意味
  13. "あま-ずら" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社