あま-ゴート 意味

発音を聞く:
  • [3]
    【雨―】

    雨の時に着る和服用のコート。多く繻子(シユス)地を用い,対丈(ツイタケ)に仕立てる。

  • あまゴート:    雨の時に着る和服用のコート。多く繻子(シユス)地を用い,対丈(ツイタケ)に仕立てる。
  • ゴート:    〖Goth〗 東ゲルマン系の一部族。東欧の原住地ウィスラ川流域から東南方に移動し,三世紀頃黒海北岸に定住した東ゴートとドナウ川下流に定着した西ゴートに分裂。 →東ゴート →西ゴート
  • にしゴート:    東ゲルマンの一部族。フン族の西進による圧迫を逃れ,376年ドナウ川北岸の定住地からローマ帝国領内に移住,民族大移動の発端をつくる。移住阻止をねらうローマ軍と各地で衝突した後,イベリア半島に西ゴート王国(415-711)を建国。

隣接する単語

  1. "あま-よけ" 意味
  2. "あま-より" 意味
  3. "あま-よろこび" 意味
  4. "あま-りょう" 意味
  5. "あま-ガッパ" 意味
  6. "あみ" 意味
  7. "あみあげ" 意味
  8. "あみあげぐつ" 意味
  9. "あみあげる" 意味
  10. "あま-りょう" 意味
  11. "あま-ガッパ" 意味
  12. "あみ" 意味
  13. "あみあげ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社