あめしらす 意味

発音を聞く:
  • 【天知らす】
    〔「す」は尊敬の助動詞〕
    地上から去って天をお治めになる。貴人が死ぬ。崩御される。
    「ひさかたの―しぬる君故に/万葉 200」

  • あめしずく:    【雨雫】 雨のしずく。多く,涙を流して泣くさまにいう。 「小大進は―と泣きて候ひけり/著聞 5」
  • しらす:    【知らす・領らす】 〔「しる」に上代の尊敬の助動詞「す」が付いたもの〕 (1)お知りになる。知っていらっしゃる。 「大野なる三笠の杜(モリ)の神し―さむ/万葉 561」 (2)国を統治される。しろす。しろしめす。 「生れまさむ御子の継ぎ継ぎ天の下―しまさむと/万葉 1047」 ; 【白州・白洲】 (1)白い砂の州。 「河口の―」 (2)庭先・玄関前などの,白い砂の敷いてある所。 (3)〔江戸
  • あめ-しら∘す:    【天知らす】 (連語)(「す」は尊敬の助動詞)地上から去って天をお治めになる。貴人が死ぬ。崩御される。「ひさかたの―∘しぬる君故に/万葉 200」

隣接する単語

  1. "あめがふる" 意味
  2. "あめきんごく" 意味
  3. "あめく" 意味
  4. "あめざいく" 意味
  5. "あめしずく" 意味
  6. "あめたいふう" 意味
  7. "あめだき" 意味
  8. "あめだま" 意味
  9. "あめつち" 意味
  10. "あめざいく" 意味
  11. "あめしずく" 意味
  12. "あめたいふう" 意味
  13. "あめだき" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社