あめつちのふくろ 意味

発音を聞く:
  • 【天地の袋】
    女子が新年を祝って縫う袋。幸福を中に入れて,逃がさないように上下とも縫い合わせる。
    「―の数し多かれば,思ふことなき今日にもあるかな/一条大納言家歌合(長元二)」
    〔平安時代の年頭の言寿歌(コトホギウタ)「天地を袋に縫ひて幸を入れて持たれば思ふことなし」による〕

  • あめつち-の-ふくろ:    【天地の袋】女子が新年を祝って縫う袋。幸福を中に入れて,逃がさないように上下とも縫い合わせる。「―の数し多かれば,思ふことなき今日にもあるかな/一条大納言家歌合(長元二)」(平安時代の年頭の言寿歌(コトホギウタ)「天地を袋に縫ひて幸を入れて持たれば思ふことなし」による)
  • あめつちのことば:    【天地の詞】 「あめつち」で始まる平安初期の手習い歌。「あめ(天)つち(土)ほし(星)そら(空)やま(山)かは(川)みね(峰)たに(谷)くも(雲)きり(霧)むろ(室)こけ(苔)ひと(人)いぬ(犬)うへ(上)すゑ(末)ゆわ(硫黄)さる(猿)おふせよ(生ふせよ)えのえを(榎の枝を)なれゐて(馴れ居て)」。四八の仮名を重複させずに全部使って作られており,「え」が二度繰り返されるのは当時ア行のエとヤ行
  • あめつち:    【天地】 (1)大空と大地。宇宙。てんち。 「―のともに久しく言ひ継げと/万葉 814」 (2)天の神と地の神。 「―の堅めし国そ大和島根は/万葉 4487」

隣接する単語

  1. "あめたいふう" 意味
  2. "あめだき" 意味
  3. "あめだま" 意味
  4. "あめつち" 意味
  5. "あめつちのことば" 意味
  6. "あめつち-の-ことば" 意味
  7. "あめつち-の-ふくろ" 意味
  8. "あめつづき" 意味
  9. "あめつぶ" 意味
  10. "あめつち" 意味
  11. "あめつちのことば" 意味
  12. "あめつち-の-ことば" 意味
  13. "あめつち-の-ふくろ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社