あめのした 意味

発音を聞く:
  • 【天の下】
    (1)地上の世界。天下。この世界。あめがした。
    「―とこやみにして,また昼夜のわきも無し/日本書紀(神代上訓)」
    (2)朝廷。また,国家。
    「凡そ―の有する所の公民/日本書紀(孝徳訓)」
    (3)(「天の下の」の形で)天下に比類がない,の意。
    「―の色好み,源の至といふ人/伊勢 39」

  • あめの-した:    【天の下】(1)地上の世界。天下。この世界。あめがした。「―とこやみにして,また昼夜のわきも無し/日本書紀(神代上訓)」(2)朝廷。また,国家。「凡そ―の有する所の公民/日本書紀(孝徳訓)」(3)(「天の下の」の形で)天下に比類がない,の意。「―の色好み,源の至といふ人/伊勢 39」
  • めのした-ぼお:    ―ボホ [5] 【目の下頬】甲冑(カツチユウ)の付属具。目から下の部分をおおう鉄または革の面。
  • めのしたぼお:    【目の下頬】 甲冑(カツチユウ)の付属具。目から下の部分をおおう鉄または革の面。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 延喜式諸陵寮には「檜隈大内陵(飛鳥浄御原宮にあめのしたしろしめしし天武天皇。
  2. 兆域東西五町、南北四町、陵戸五姻)・同大内陵(藤原宮にあめのしたしろしめしし持統天皇。
  3. 諡号は岡宮御宇天皇(おかのみやにあめのしたしろしめししすめらみこと、または、おかのみやぎょうてんのう)。
  4. しかし、国内においては「大王(おおきみ)」「治天下大王(あめのしたしろしめすおおきみ)」号が使用されていたとされる。
  5. 古老曰へらく、昔、巻向珠城宮(まきむきのたまきのみや)に御宇(あめのしたしろしめしし)天皇の二十七年戌午年の秋、飢えて人民多く亡せき。

隣接する単語

  1. "あめのあし" 意味
  2. "あめのうお" 意味
  3. "あめのうみ" 意味
  4. "あめのおきて" 意味
  5. "あめのおしで" 意味
  6. "あめのつき" 意味
  7. "あめのひ" 意味
  8. "あめのみかど" 意味
  9. "あめのみやかぜのみや" 意味
  10. "あめのおきて" 意味
  11. "あめのおしで" 意味
  12. "あめのつき" 意味
  13. "あめのひ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社