あめひと 意味

発音を聞く:
  • 【天人】
    (1)天上界の人。てんにん。あまびと。
    「―の妻問ふ夕(ヨイ)ぞ我も偲はむ/万葉 2090」
    (2)都の人。
    「鄙の奴に―しかく恋ひすらば/万葉 4082」
    (3)天つ神の血を引く人。大和朝廷の統治下にある者。
    「若し―のけぶりにあらば,来て我が上を覆へ/常陸風土記」

  • いめひと:    【射目人】 射目で獲物をねらう役の人。 「―を餝磨の射目前に立ててみ狩したまひき/播磨風土記」
  • いめひとの:    【射目人の】 獲物を伏してねらうことから,地名「伏見」にかかる。 「―伏見が田居に雁渡るらし/万葉 1699」
  • いめひと-の:    【射目人の】 (枕詞)獲物を伏してねらうことから,地名「伏見」にかかる。「―伏見が田居に雁渡るらし/万葉 1699」

隣接する単語

  1. "あめの-おきて" 意味
  2. "あめの-おしで" 意味
  3. "あめの-した" 意味
  4. "あめの-ひ" 意味
  5. "あめの-みかど" 意味
  6. "あめふらし" 意味
  7. "あめふり" 意味
  8. "あめふりしょうがつ" 意味
  9. "あめふりばな" 意味
  10. "あめの-ひ" 意味
  11. "あめの-みかど" 意味
  12. "あめふらし" 意味
  13. "あめふり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社