あやかす 意味

発音を聞く:
  • だます。たぶらかす。また,愚弄(グロウ)する。
    「皆のものもそいつを―・して遊ぶ/黄表紙・間違狐之女郎買」

  • あやかき:    【綾垣】 古代絁(アシギヌ)で作った,模様のある帷帳(トバリ)。部屋の仕切りなどに用いた。 「―のふはやが下に/古事記(上)」
  • あやかし:    (1)船が難破する時,海上に現れるという怪物。 「いかに武蔵殿。この御船には―が憑いて候/謡曲・船弁慶」 (2)不思議なこと。怪しいこと。また,妖怪。 「太鼓持に貧乏神の―が付いたと観念すべし/浮世草子・禁短気」 (3)ばか者。愚か者。[日葡] (4)コバンザメの異名。[和訓栞] (5)能面の一。亡霊や怨霊(オンリヨウ)などに用いる男面。 ; (1)弱々しい。ひよわである。 「―・しさうな体(
  • あやかり:    (1)得体の知れないもの。怪しいもの。霊。また,たたり。あやかし。 「夫は御―をするもの也/三体詩抄」 (2)愚鈍。まぬけ。 「何たる―か,貴方に此二王の書をば盗まれつらうぞ/四河入海 11」

隣接する単語

  1. "あやおりだけ" 意味
  2. "あやおりもの" 意味
  3. "あやおり-だけ" 意味
  4. "あやかき" 意味
  5. "あやかし" 意味
  6. "あやからせる" 意味
  7. "あやかり" 意味
  8. "あやかりもの" 意味
  9. "あやかり者" 意味
  10. "あやかき" 意味
  11. "あやかし" 意味
  12. "あやからせる" 意味
  13. "あやかり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社