あやつり 意味

発音を聞く:
  • 【操り】
    (1)「操り芝居」「操り人形」の略。
    (2)あやつること。あやつるしかけ。からくり。
    「賽(サイ)に―を仕出し,人を抜きて金銀を取る事/仮名草子・浮世物語」

  • あやつりざ:    【操り座】 操り人形の芝居を上演する劇場。また,人形浄瑠璃芝居。
  • あやつり-ざ:    [0] 【操り座】操り人形の芝居を上演する劇場。また,人形浄瑠璃芝居。
  • いと-あやつり:    [3] 【糸操り】操り人形の一。人形を糸でつり下げて操るもの。近世初期,浄瑠璃と結びついて盛んに行われた。宝暦(1751-1764)以降衰微したが,明治にはいって九代目結城(ユウキ)孫三郎が再興。南京(ナンキン)操り。吊(ツ)り人形。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. お前に糸をつけ あやつり人形にしたのに
  2. お前に糸をつけ あやつり人形にしたのに
  3. 糸で手足を動かす あやつり人形です
  4. 糸で手足を動かす あやつり人形です
  5. 木のあやつり人形 起きなさい

隣接する単語

  1. "あやたり" 意味
  2. "あやだけ" 意味
  3. "あやだすき" 意味
  4. "あやつ" 意味
  5. "あやつこ" 意味
  6. "あやつりきょうげん" 意味
  7. "あやつりさんば" 意味
  8. "あやつりざ" 意味
  9. "あやつりしばい" 意味
  10. "あやつ" 意味
  11. "あやつこ" 意味
  12. "あやつりきょうげん" 意味
  13. "あやつりさんば" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社