あゆ・く 意味

発音を聞く:
  • 【揺く】
    (動カ四)
    ゆれ動く。動揺する。あよく。「葛の葉の―・ける我を夜独り寝よとや/神楽歌」

  • あゆ:    【東風】 東の風。あゆのかぜ。あい。 「―をいたみ奈呉(ナゴ)の浦廻(ウラミ)に寄する波/万葉 4093」 ; 【肖ゆ】 似る。あやかる。 「鞆(ホムタ)を負(ハ)きたまへるに―・えたまへり/日本書紀(応神)」「その,たなばたの裁ち縫ふ方をのどめて,長き契りにぞ―・えまし/源氏(帚木)」 ; 【阿諛】 相手の気に入るようなことを言ったりしたりすること。へつらい。 「―追従(ツイシヨウ)」
  • あゆい:    【足結・脚結】 (1)上代,男子が外出や正装のとき,袴の上から膝下あたりで結ぶ紐(ヒモ)。鈴や玉をつけることもあった。あしゆい。あよい。 ⇔手結(タユイ) 「宮人の―の小鈴落ちにきと/古事記(下)」 (2)富士谷成章の用いた文法用語。現在の助詞・助動詞・接尾語などに相当する。 →挿頭抄(カザシシヨウ)
  • あゆう:    【足結ふ】 袴の膝下あたりを紐(ヒモ)でくくる。 「あゆい」をつける。「―・ひ出でぬれぬこの川の瀬に/万葉 1110」

隣接する単語

  1. "あゆみ-こけむし" 意味
  2. "あゆみ-より" 意味
  3. "あゆみ-よ・る" 意味
  4. "あゆむ" 意味
  5. "あゆもどき" 意味
  6. "あゆ・ぶ" 意味
  7. "あゆ・む" 意味
  8. "あゆ-くみ" 意味
  9. "あゆ-こ" 意味
  10. "あゆむ" 意味
  11. "あゆもどき" 意味
  12. "あゆ・ぶ" 意味
  13. "あゆ・む" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社