あらきだひさおゆ 意味

発音を聞く:
  • 【荒木田久老】
    (1746-1804) 江戸後期の国学者・歌人。伊勢内宮の神職。号,五十槻園(イツキノソノ)。賀茂真淵に学び,万葉風の和歌をよくした。著「万葉考槻落葉」「日本紀歌解」,家集「槻落葉歌集」

  • あらきだ-ひさおゆ:    【荒木田久老】(1746-1804) 江戸後期の国学者・歌人。伊勢内宮の神職。号,五十槻園(イツキノソノ)。賀茂真淵に学び,万葉風の和歌をよくした。著「万葉考槻落葉」「日本紀歌解」,家集「槻落葉歌集」
  • あらきだ:    【新墾田】 新たに開墾した田。 「―の鹿猪田(シシダ)の稲を倉に上げて/万葉 3848」 ; 【荒木田】 姓氏の一。伊勢皇大神宮の禰宜・権禰宜を世襲した一族。 ; 【荒木田】 もと東京荒川沿岸の荒木田原に産した土。茶褐色の粘土で粘着力に富む。現在は産地にかかわらず水田・沼などから産する同種の土をいう。壁土や園芸用。相撲の土俵の盛り土にも用いる。荒木田土。
  • あらきだもりたけ:    【荒木田守武】 (1473-1549) 室町後期の連歌師・俳諧師。伊勢内宮の神職。山崎宗鑑とともに,俳諧の連歌からの独立に影響を与えた。著「守武千句」「世中百首(伊勢論語)」など。

隣接する単語

  1. "あらきこどう" 意味
  2. "あらきさだお" 意味
  3. "あらきじっぽ" 意味
  4. "あらきそうたろう" 意味
  5. "あらきだ" 意味
  6. "あらきだもりたけ" 意味
  7. "あらきだれいじょ" 意味
  8. "あらきだ-ひさおゆ" 意味
  9. "あらきだ-もりたけ" 意味
  10. "あらきそうたろう" 意味
  11. "あらきだ" 意味
  12. "あらきだもりたけ" 意味
  13. "あらきだれいじょ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社