あらく 意味

発音を聞く:
  • 【散く】
    ⇒あらける

  • あらくち:    【新口】 新たに醸造した酒を,初めて桶(オケ)から酌(ク)み出して飲むこと。初飲み。
  • あらくまし:    【荒くまし】 荒々しい。荒い。粗暴である。 「枝ざしなどはいと手ふれにくげに―・しけれど/枕草子 40」「物言ひなども―・しい/浄瑠璃・鎌田兵衛」
  • あらくま・し:    【荒くまし】 (形シク)荒々しい。荒い。粗暴である。「枝ざしなどはいと手ふれにくげに―・しけれど/枕草子 40」「物言ひなども―・しい/浄瑠璃・鎌田兵衛」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 玄蕃新墾(げんばあらく、伝・石巻氏陣屋跡。
  2. あらくたい (形)荒っぽい。
  3. 昭和十年代、『あらくれ』『現代文学』などの同人雑誌に執筆する。
  4. 昭和7年(1932年)秋声会機関誌「あらくれ」の編集発行人となる。
  5. あらくれ (小説) - 徳田秋声の小説、及びそれを映画化した作品。

隣接する単語

  1. "あらき-むらひで" 意味
  2. "あらき-りゅう" 意味
  3. "あらぎも" 意味
  4. "あらぎょう" 意味
  5. "あらぎり" 意味
  6. "あらくち" 意味
  7. "あらくまし" 意味
  8. "あらくま・し" 意味
  9. "あらくもしい" 意味
  10. "あらぎょう" 意味
  11. "あらぎり" 意味
  12. "あらくち" 意味
  13. "あらくまし" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社