あらしこ 意味

発音を聞く:
  • 【荒し子・嵐子】
    戦国時代以後,武家の使用人で雑役に従事した者。雑兵(ゾウヒヨウ)の一種で,兵身分の最下層に位置づけられた。

  • 【荒仕子・粗仕子・粗鉋】
    粗削りに用いる鉋(カンナ)。粗鉋(アラガンナ)。
    →中仕子(チユウシコ)
    →上仕子(ジヨウシコ)

  • あら-しこ:    [0] 【荒仕子・粗仕子・粗鉋】粗削りに用いる鉋(カンナ)。粗鉋(アラガンナ)。中仕子上仕子
  • あらし:    【嵐】 姓氏の一。 ; 【荒し・粗し】 ⇒あらい(荒) ⇒あらい(粗) ; 【荒らし】 名詞に付いて,荒らすこと,また荒らす人の意を表す。 「賭場(トバ)―」「道場―」 ; 【嵐】 (1)激しく吹く風。暴風。烈風。 (2)激しく荒れ狂う風雨。暴風雨。 (3)(比喩的に)事件や騒ぎ。また,感情のゆれ。 「学園紛争の―もやっと静まった」「激しい感情の―」 ――の前の静けさ 大事件の起こる前の,少
  • あらあらし:    【粗粗し】 粗雑でおおざっぱである。粗末である。 「(邸ハ)新しう清げに造りたれど,さすがに―・しくて/源氏(浮舟)」

例文

  1. 3代目嵐小六(さんだい あらしころく、1741年(寛保元) - 1796年(寛政8)3月29日)は江戸中期の歌舞伎役者。
  2. 3代目嵐小六(さんだい あらしころく、1741年(寛保元) - 1796年(寛政8)3月29日)は江戸中期の歌舞伎役者。
  3. 菅原孝標女は宮路山を超えた時の様子を、「あらしこそ 吹きこざりけれ 宮ぢ山 まだ紅葉ばの 散らでのこれる」と『更級日記』に綴っている。

隣接する単語

  1. "あらし" 意味
  2. "あらしお" 意味
  3. "あらしかんじゅうろう" 意味
  4. "あらしがおか" 意味
  5. "あらしぐさ" 意味
  6. "あらしごと" 意味
  7. "あらしさんえもん" 意味
  8. "あらしね" 意味
  9. "あらしの" 意味
  10. "あらしがおか" 意味
  11. "あらしぐさ" 意味
  12. "あらしごと" 意味
  13. "あらしさんえもん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社