あらし-の-かぜ 意味

発音を聞く:
  • 【嵐の風】
    山から吹き下ろす強い風。「逢坂の―は寒けれど/古今(雑下)」

  • あらしのかぜ:    【嵐の風】 山から吹き下ろす強い風。 「逢坂の―は寒けれど/古今(雑下)」
  • の-あらし:    [2] 【野荒らし】(1)田畑の作物を荒らしたり,盗んだりすること。また,その人や獣など。(2)特に,イノシシの別名。
  • よわ-の-あらし:    ヨハ― 【夜半の嵐】 (連語)(1)夜ふく嵐。(2)(親鸞上人の歌「明日ありと思ふ心のあだ桜夜半に嵐の吹かぬものかは」(親鸞上人絵詞伝)から)思いがけず起こる出来事のたとえ。また,明日のことは頼みにならない,人生は無常であることのたとえ。

隣接する単語

  1. "あらしろ" 意味
  2. "あらし-かんじゅうろう" 意味
  3. "あらし-ぐさ" 意味
  4. "あらし-こ" 意味
  5. "あらし-さんえもん" 意味
  6. "あらし-の-たいよう" 意味
  7. "あらし-やま" 意味
  8. "あらじお" 意味
  9. "あらじょたい" 意味
  10. "あらし-こ" 意味
  11. "あらし-さんえもん" 意味
  12. "あらし-の-たいよう" 意味
  13. "あらし-やま" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社