あらぬさま 意味

発音を聞く:
  • 【有らぬ様】
    (1)これまでとは変わったようす。違ったふう。
    「御たたう紙に,いたう―に書きかへ給ひて/源氏(夕顔)」
    (2)望ましくないようす。
    「―なるよそほひに罷成て/平家 7」

  • あらぬ-さま:    【有らぬ様】 (連語)(1)これまでとは変わったようす。違ったふう。「御たたう紙に,いたう―に書きかへ給ひて/源氏(夕顔)」(2)望ましくないようす。「―なるよそほひに罷成て/平家 7」
  • あらぬ:    〔動詞「ある」に打ち消しの助動詞「ぬ」が付いたもの〕 (1)違っている。見当違いの。 「―方向に目をやる」 (2)あってはならぬ。常識はずれの。 「―ことを口走る」 (3)思いがけない。意外な。 「―うわさをたてられる」「―疑いをかけられる」
  • ぬさ:    【幣】 (1)神に捧げる供え物。また,祓(ハラエ)の料とするもの。古くは麻・木綿(ユウ)などを用い,のちには織った布や紙を用いた。みてぐら。にぎて,幣帛(ヘイハク)。御幣(ゴヘイ)。 「このたびは―もとりあへず手向山紅葉の錦神のまにまに/古今(羇旅)」 (2)贈り物。特に,旅立ちのときの贈り物。 「上下いろいろの―多かりし中に/増鏡(新島守)」

例文

  1. (音読原文) 尼ぜ御申の事、 浄観寺殿すぐれし強者(もさ)におはしまつれど、ひととせの浪の上のさわぎの折、勢い足らざれば、のがすまじい船を取にがいて、果々は、あらぬさまにおのれ落さすらへ給ひぬる。

隣接する単語

  1. "あらにこのはらえ" 意味
  2. "あらにこ-の-はらえ" 意味
  3. "あらぬ" 意味
  4. "あらぬおもい" 意味
  5. "あらぬか" 意味
  6. "あらぬの" 意味
  7. "あらぬもの" 意味
  8. "あらぬよ" 意味
  9. "あらぬり" 意味
  10. "あらぬおもい" 意味
  11. "あらぬか" 意味
  12. "あらぬの" 意味
  13. "あらぬもの" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社