あらめ 意味

発音を聞く
  • 【荒目・粗目】
    (1)編み物・織物・金網・やすりなどの目のあらいこと。
    (2)あらくて,きめこまかくないさま。
    「木も―にすぢりゆがみて/中華若木詩抄」
    (3)気性などが粗暴なさま。
    「―ナ人/日葡」

  • 【荒布】
    褐藻類コンブ目の海藻。温暖な海水中に生え,黒褐色で全長1.5メートルほど。下茎は上部でふたまたに分枝し,それぞれに十数枚の葉状片をつける。夏期収穫し,ヨードの原料や食用・肥料などにする。﹝季﹞夏。

  • おおあらめ:    【大荒目】 鎧(ヨロイ)の縅(オドシ)の一。幅の広い札(サネ)を用い,太い糸で糸目を荒くつづるもの。また,その鎧。
  • おお-あらめ:    オホ― [3] 【大荒目】鎧(ヨロイ)の縅(オドシ)の一。幅の広い札(サネ)を用い,太い糸で糸目を荒くつづるもの。また,その鎧。
  • きざみ-あらめ:    [4] 【刻み荒布】アラメを煮て乾かし,強くおしつけて小口からかんなで細長く削ったもの。

例文

  1. また、孔の間隔の広い小札を幅広の緒で縅すことを大荒目縅(おおあらめおどし)と呼び、源為朝が保元の乱の際に身に付けた「大荒目鎧」とはこの事とされる。
  2. 元々は粒の目が粗いことから「あらめ」と呼ばれ-粗目-と表記されていたが、次第に発音が訛って「ざらめ」と呼ばれるようになり-双目-と当て字されるようになった。
  3. 相良から御前崎にかけての沿岸は、あらめ、かじめ、わかめ、さがらめ、はばのりなどの海藻の宝庫として知られ、とくに相良布(さがらめ)は、市内の地名がつけられた唯一の生物である。

隣接する単語

  1. "あらみがわ-の-はらえ" 意味
  2. "あらみさき" 意味
  3. "あらみたま" 意味
  4. "あらむしゃ" 意味
  5. "あらむしろ" 意味
  6. "あらもの" 意味
  7. "あらものや" 意味
  8. "あらもの-や" 意味
  9. "あらやしき" 意味
  10. "あらむしゃ" 意味
  11. "あらむしろ" 意味
  12. "あらもの" 意味
  13. "あらものや" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社