あら-いた 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【粗板】

    表面を鉋(カンナ)で削っていない板。

  • あらいた:    【粗板】 表面を鉋(カンナ)で削っていない板。
  • あらいたてる:    【洗い立てる】 (1)十分に洗う。 (2)人の所業や物事の内情などを調べ上げて,あばく。 「過去の不正の数々を―・てる」
  • あら:    【荒】 姓氏の一。 ; 【荒】 名詞に付く。 (1)乱暴である,勢いが激しい,などの意を表す。 「―海」「―武者」「―稽古」「―かせぎ」 (2)荒れはてている意を表す。 「―野」 ; スズキ目の海魚。全長1メートルに達する。体形はスズキに似て,やや長く側扁し,口はとがって大きい。背は灰褐色で腹は白色。幼魚には口から尾に至る灰褐色の縦帯がある。冬が旬で美味。北海道以南からフィリピンまでのやや深

隣接する単語

  1. "あら探し屋" 意味
  2. "あら熱" 意味
  3. "あら-あら" 意味
  4. "あら-いし" 意味
  5. "あら-いそ" 意味
  6. "あら-いみ" 意味
  7. "あら-う" 意味
  8. "あら-うち" 意味
  9. "あら-うま" 意味
  10. "あら-いし" 意味
  11. "あら-いそ" 意味
  12. "あら-いみ" 意味
  13. "あら-う" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社