あら-はだ 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【荒肌】

    きめのあらい肌。ざらざらした肌。

  • あらはだ:    【荒肌】 きめのあらい肌。ざらざらした肌。
  • はだ:    【肌・膚】 (1)人のからだの表皮。皮膚。はだえ。 「―が荒れる」 (2)物の表面。きめ。 「木の―」 (3)性質。気質。気性。 「学者―」 ――が合・う 気性が合う。気が合う。うまが合う。 「彼とはどうも―・わない」 ――で感・じる 直接経験する。 「戦争の残酷さを―・じる」 ――に粟(アワ)を生・ずる 恐怖や寒さなどのため,肌に粟のようなつぶつぶが生じる。鳥肌が立つ。 ――を合わ・せる (
  • あら:    【荒】 姓氏の一。 ; 【荒】 名詞に付く。 (1)乱暴である,勢いが激しい,などの意を表す。 「―海」「―武者」「―稽古」「―かせぎ」 (2)荒れはてている意を表す。 「―野」 ; スズキ目の海魚。全長1メートルに達する。体形はスズキに似て,やや長く側扁し,口はとがって大きい。背は灰褐色で腹は白色。幼魚には口から尾に至る灰褐色の縦帯がある。冬が旬で美味。北海道以南からフィリピンまでのやや深

隣接する単語

  1. "あら-ぬ" 意味
  2. "あら-ぬか" 意味
  3. "あら-ぬの" 意味
  4. "あら-ぬり" 意味
  5. "あら-の" 意味
  6. "あら-ばしり" 意味
  7. "あら-ばち" 意味
  8. "あら-ひじり" 意味
  9. "あら-びき" 意味
  10. "あら-ぬり" 意味
  11. "あら-の" 意味
  12. "あら-ばしり" 意味
  13. "あら-ばち" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社