あり-だか 意味

発音を聞く:
  • [2][0]
    【有り高】

    現在有るだけの量。現在高。

  • ありだか:    【有り高】 現在有るだけの量。現在高。
  • だか:    擬問をあらわす; がやら; かしら; やら
  • あり:    【在り・有り】 〔動詞「ある」の連用形から〕 あること。存在すること。多く「ありの…」の形で用いられる。 →ありのまま →ありのすさび →ありのことごと ; 【有り・在り】 ⇒ある ; 【蟻】 (1)膜翅目アリ科の昆虫。体は頭・胸・腹の三部に分けられ,胸部と腹部の間が細くくびれている。大部分は2~10ミリメートル。体色は黒か赤褐色。女王アリを中心に雄アリ・働きアリ(不完全な雌)が地中や朽ち木に

隣接する単語

  1. "あり-じごく" 意味
  2. "あり-すい" 意味
  3. "あり-すん" 意味
  4. "あり-たけ" 意味
  5. "あり-た・つ" 意味
  6. "あり-つかわ・し" 意味
  7. "あり-つぎ" 意味
  8. "あり-つる" 意味
  9. "あり-つ・く" 意味
  10. "あり-たけ" 意味
  11. "あり-た・つ" 意味
  12. "あり-つかわ・し" 意味
  13. "あり-つぎ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社