あり-なし 意味

発音を聞く:
  • 【有り無し】
    ■一■ (名)
    あるかないか。また,いるかいないか。「世に―を知らるるかたなくて/浜松中納言」
    ■二■ (形動ナリ)
    (1)あるかないか,また,いるかいないか分からぬほどにかすかなさま。「北の方年老い給て,―にて聞えなどすめれど/栄花(様々の悦)」
    (2)あってもなくてもよいほどに軽く扱うさま。あっても無用なさま。「殿様我を―にあそばし/浮世草子・一代女 3」

  • ありなし:    【有り無し】 ※一※ (名) あるかないか。また,いるかいないか。 「世に―を知らるるかたなくて/浜松中納言」 ※二※ (形動ナリ) (1)あるかないか,また,いるかいないか分からぬほどにかすかなさま。 「北の方年老い給て,―にて聞えなどすめれど/栄花(様々の悦)」 (2)あってもなくてもよいほどに軽く扱うさま。あっても無用なさま。 「殿様我を―にあそばし/浮世草子・一代女 3」
  • ありや-なしや:    【有りや無しや】 (連語)(1)有るか無いか。有無。有りや否や。「あふことの―も見も果てで/続後撰(恋二)」(2)生きているかどうか。無事かどうか。「名にし負はばいざ事とはむ都鳥わが思ふ人は―と/伊勢 9」(3)真実であるかどうか。実否。「―を聞かぬ間は,見えたてまつらむも恥づかし/源氏(浮舟)」
  • ありなしのひ:    【有り無しの日】 平安時代,陰暦五月二五日をいう。この日は村上天皇の忌日で,急な用件を除いては政務は行われなかった。

隣接する単語

  1. "あり-てい" 意味
  2. "あり-と-あらゆる" 意味
  3. "あり-と-ある" 意味
  4. "あり-と-し-ある" 意味
  5. "あり-どおし" 意味
  6. "あり-にく・し" 意味
  7. "あり-の-ことごと" 意味
  8. "あり-の-すさび" 意味
  9. "あり-の-とう" 意味
  10. "あり-と-し-ある" 意味
  11. "あり-どおし" 意味
  12. "あり-にく・し" 意味
  13. "あり-の-ことごと" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社