あれ 意味

発音を聞く
  • 【阿礼】
    〔動詞「ある(生)」の名詞形か〕
    神霊の出現の縁となる物。榊(サカキ)の木など。綾絹(アヤギヌ)や鈴などを飾りつけて使う。賀茂社や松尾社のものが知られている。

  • 【吾・我】
    一人称。私。われ。
    「枕(マ)かむとは―はすれどさ寝むとは―は思へど/古事記(中)」
    〔中古以降は,この語の代わりに「われ」が用いられるようになる〕
    ――かにもあらず
    自他の区別がつかない。我を忘れて茫然(ボウゼン)とするさま。
    「立ち出づるほどの心地―ず,+もっと...
  • あれ-あれ:    [1][0] (感)驚いたり,あきれたりした時に発する語。「―,こんなに汚して」
  • あれあれ:    驚いたり,あきれたりした時に発する語。 「―,こんなに汚して」
  • あれよ-あれよ:    [1]-[1] (連語)事の意外ななりゆきに驚いたり心配したりするさまを表す語。「―という間に車は走り去った」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. もう2、3分あれば、準備ができますよ。
  2. 何をするのであれ、必ずやり遂げなさい。
  3. 私にお金があれば買うことができるのに。
  4. 綺麗でさえあればどんな花でもいいです。
  5. もっと彼女と話す時間があればいいのに。

隣接する単語

  1. "ある-ず" 意味
  2. "ある-は" 意味
  3. "ある-べか・し" 意味
  4. "ある-べき" 意味
  5. "ある-まじき" 意味
  6. "あれあれ" 意味
  7. "あれい" 意味
  8. "あれえっ" 意味
  9. "あれおとこ" 意味
  10. "ある-べき" 意味
  11. "ある-まじき" 意味
  12. "あれあれ" 意味
  13. "あれい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社