あわせびん 意味

発音を聞く:
  • 【合(は)せ鬢】
    江戸時代の男の髪の結い方の一。左右の鬢を髻(モトドリ)の下で合わせ,太い元結でくくったもの。享保(1716-1736)頃,多く老人の間に流行した。

  • あわせ-びん:    アハセ― 【合(は)せ鬢】江戸時代の男の髪の結い方の一。左右の鬢を髻(モトドリ)の下で合わせ,太い元結でくくったもの。享保(1716-1736)頃,多く老人の間に流行した。
  • あわせ:    【袷】 〔「あわせ(合)」と同源〕 裏をつけて仕立てた和服。単衣(ヒトエ)・綿入れに対していう。あわせぎぬ。﹝季﹞夏。 ; 【合(わ)せ】 〔動詞「合わせる」の連用形から〕 (1)あわせること。二つ以上のものを一つにすること。他の語と複合して用いる。 「―目」 (2)釣りで,「あたり」があったとき,魚に釣り針がかかるように竿(サオ)を操作すること。 (3)飯にとり合わせるもの。おかず。副食物。
  • せび:    【蝉】 「せみ」に同じ。[新撰字鏡] ; 【施火】 盆の精霊(シヨウリヨウ)送りに家々でたく火。送り火。また,特に八月一六日(昔は陰暦七月一六日)の夜,京都市近郊の山々で,精霊送りのためにたく大がかりな火。如意ヶ岳の大文字が最も有名。

隣接する単語

  1. "あわせつぎ" 意味
  2. "あわせて" 意味
  3. "あわせど" 意味
  4. "あわせばおり" 意味
  5. "あわせばり" 意味
  6. "あわせぶき" 意味
  7. "あわせまい" 意味
  8. "あわせみそ" 意味
  9. "あわせめ" 意味
  10. "あわせばおり" 意味
  11. "あわせばり" 意味
  12. "あわせぶき" 意味
  13. "あわせまい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社