あわび 意味

発音を聞く
  • 【鮑・鰒】
    腹足綱ミミガイ科の大形巻貝の総称。殻は楕円形で殻口は広く,長径が15センチメートル以上になる。殻表は褐色,内面は真珠光沢が強い。雌雄異体。肉は美味。殻は螺鈿(ラデン)工芸,貝ボタンの材料となる。日本近海にはマダカアワビ・クロアワビ・メガイアワビ・エゾアワビの四種を産する。﹝季﹞春。
    →鮑の貝の片思い
    ――の(貝の)片思い
    アワビは殻が二枚貝の片方だけのように見えるところから,一方からだけの,相手に通じない恋をいう。磯(イソ)の鮑の片思い+もっと...
  • あわびたま:    【鮑珠】 真珠。古くはアワビからも採った。 「い渡りて潜(カズ)き取るといふ―/万葉 4101」
  • あわびのし:    【鮑熨斗】 アワビの肉を干し,のばして作ったのし。祝儀に用いる。のしあわび。
  • あわび-たま:    アハビ― 【鮑珠】真珠。古くはアワビからも採った。「い渡りて潜(カズ)き取るといふ―/万葉 4101」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 夜光貝やnあわびの貝の一部を磨いて作るの。
  2. あわびの殻に触発された建築物
  3. 鮑の煮貝(あわびのにがい)は、山梨県の名産品。
  4. あわび山荘:名前の通り、あわび料理が堪能できる。
  5. あわび山荘:名前の通り、あわび料理が堪能できる。

隣接する単語

  1. "あわて-もの" 意味
  2. "あわに" 意味
  3. "あわに アハ―" 意味
  4. "あわばこ" 意味
  5. "あわばな" 意味
  6. "あわびたま" 意味
  7. "あわびのし" 意味
  8. "あわびむすび" 意味
  9. "あわび-たま" 意味
  10. "あわばこ" 意味
  11. "あわばな" 意味
  12. "あわびたま" 意味
  13. "あわびのし" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社