あわれ・む 意味

発音を聞く:
  • アハレム [3]
    【哀れむ・憐れむ】
    (動マ五[四])
    (1)かわいそうに思う。気の毒に思う。同情する。「遺児を―・んで引き取る」「人を―・むような目で見る」
    (2)慈愛の心で接する。「―・まんと思ふ心は広けれど/金葉(雑上)」
    (3)賞美する。めでる。惜しむ。《哀》「燭を背けては共に―・む深夜の月/和漢朗詠(春)」

  • あわれ:    【哀れ】 ※一※ (名・形動) (1)同情しないではいられない・こと(さま)。かわいそう。気の毒。 「―な声で泣く」「遺児の笑顔に―を催す」 (2)人から同情されるような状態にある・こと(さま)。惨め。 「―な姿を見られたくない」 〔(1)(2)は「憐れ」とも書く〕 (3)人を悲しみに沈ませるような状態にある・こと(さま)。悲哀。 「滅びゆく民族の―」 (4)しみじみとした情趣。味わい。 「心
  • あわ・む:    アハム 【淡む】 (動マ下二)(1)うとんじる。冷たく扱う。「弟子どもに―・められて/源氏(明石)」(2)欠点やあやまちを軽くとがめたり非難したりする。「幼かりけりと―・め給ひて/源氏(空蝉)」
  • あわれし:    【哀れし】 あわれである。いたわしい。 「歎きしづむ様も―・し/浮世草子・近代艶隠者」

隣接する単語

  1. "あわれみ深い" 意味
  2. "あわれむ" 意味
  3. "あわれむ心" 意味
  4. "あわれ・し" 意味
  5. "あわれ・ぶ" 意味
  6. "あわガラス" 意味
  7. "あわ・い" 意味
  8. "あわ・し" 意味
  9. "あわ・す" 意味
  10. "あわれ・し" 意味
  11. "あわれ・ぶ" 意味
  12. "あわガラス" 意味
  13. "あわ・い" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社