あんきもんいん 意味

発音を聞く:
  • 【安喜門院】
    (1207-1286) 後堀河天皇の皇后。名は有子。藤原公房の娘。1227年,院号宣下。

  • あんき-もんいん:    ―モンヰン 【安喜門院】(1207-1286) 後堀河天皇の皇后。名は有子。藤原公房の娘。1227年,院号宣下。
  • あんきもん:    【安喜門】 平安京内裏の内郭十二門の一。北面する三門のうち東側にあったもの。 →内裏
  • かきもんいん:    【嘉喜門院】 南北朝時代の歌人。阿野実為の女(ムスメ)という。後村上天皇の女御(ニヨウゴ)。「新葉和歌集」に家集「嘉喜門院御集」から一七首入集。生没年未詳。

隣接する単語

  1. "あんがい" 意味
  2. "あんがまあ" 意味
  3. "あんき" 意味
  4. "あんきは" 意味
  5. "あんきもん" 意味
  6. "あんきょ" 意味
  7. "あんきょはいすい" 意味
  8. "あんきょ-はいすい" 意味
  9. "あんき-は" 意味
  10. "あんきは" 意味
  11. "あんきもん" 意味
  12. "あんきょ" 意味
  13. "あんきょはいすい" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社