あんせい-きんぎん 意味

発音を聞く:
  • [5]
    【安政金銀】

    江戸時代,主として安政年間(1854-1860)に発行された金銀貨幣の総称。小判・二分金・一分金・一分銀・二朱銀・丁銀・豆板銀の七種で,いずれも外国貿易の必要上から量目・品位を下げて鋳造された。

  • あんせいきんぎん:    【安政金銀】 江戸時代,主として安政年間(1854-1860)に発行された金銀貨幣の総称。小判・二分金・一分金・一分銀・二朱銀・丁銀・豆板銀の七種で,いずれも外国貿易の必要上から量目・品位を下げて鋳造された。
  • ぶんせいきんぎん:    【文政金銀】 文政年間(1818-1830)に江戸幕府が鋳造した金銀貨の総称。二分金・小判・一分金・丁銀・豆板銀・二朱銀・一朱金・一朱銀などがある。これらには「文」の字が打印されている。新文字金銀。
  • ぶんせい-きんぎん:    [5] 【文政金銀】文政年間(1818-1830)に江戸幕府が鋳造した金銀貨の総称。二分金・小判・一分金・丁銀・豆板銀・二朱銀・一朱金・一朱銀などがある。これらには「文」の字が打印されている。新文字金銀。

隣接する単語

  1. "あんせいど" 意味
  2. "あんせいのおおじしん" 意味
  3. "あんせいのかりじょうやく" 意味
  4. "あんせいのごかこくじょうやく" 意味
  5. "あんせいのたいごく" 意味
  6. "あんせい-しちん" 意味
  7. "あんせい-ど" 意味
  8. "あんせい-の-おおじしん" 意味
  9. "あんせい-の-かりじょうやく" 意味
  10. "あんせいのごかこくじょうやく" 意味
  11. "あんせいのたいごく" 意味
  12. "あんせい-しちん" 意味
  13. "あんせい-ど" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社