あんぜんパイ 意味

発音を聞く:
  • 【安全牌】
    麻雀で,捨てても相手に上がられることのない牌。
    〔事をなすに当たってなんの害もなく扱いやすい人の意でも用いる〕

  • あんぜん-パイ:    [3] 【安全牌】麻雀で,捨てても相手に上がられることのない牌。(事をなすに当たってなんの害もなく扱いやすい人の意でも用いる)
  • あんぜん:    【暗然・黯然・闇然】 (1)暗いさま。また,はっきりしないさま。 「沖より来る響,―として湧く力/抒情小曲集(犀星)」 (2)悲しみや憂いに心がふさいでいるさま。 「―たる思いに沈む」 ; 【晏然】 やすらかなさま。落ち着いたさま。晏如。 「艱難に処して―たり/佳人之奇遇(散士)」 ; 【安全】 危害または損傷・損害を受けるおそれのないこと。危険がなく安心なさま。 ⇔危険 「―な場所」「生
  • あんぜんき:    【安全器】 過度の電流が流れたときに回路を遮断して,回路の破損や危険を防止する装置。

隣接する単語

  1. "あんぜんほしょうじょうやく" 意味
  2. "あんぜんほしょうりじかい" 意味
  3. "あんぜんぼう" 意味
  4. "あんぜんりつ" 意味
  5. "あんぜんガラス" 意味
  6. "あんぜんピン" 意味
  7. "あんぜんベルト" 意味
  8. "あんぜん-かみそり" 意味
  9. "あんぜん-き" 意味
  10. "あんぜんりつ" 意味
  11. "あんぜんガラス" 意味
  12. "あんぜんピン" 意味
  13. "あんぜんベルト" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社