あんらくあん-さくでん 意味

発音を聞く:
  • 【安楽庵策伝】
    (1554-1642) 江戸初期の説教僧・笑話作者・茶人。俗名未詳。京都,誓願寺住職。晩年は誓願寺塔頭竹林院に隠居して茶室安楽庵を営み,風雅を楽しんだ。狂歌作者として広く諸人と贈答。安楽庵茶道の流祖。著「醒睡笑」「策伝和尚送答控」など。

  • あんらくあんさくでん:    【安楽庵策伝】 (1554-1642) 江戸初期の説教僧・笑話作者・茶人。俗名未詳。京都,誓願寺住職。晩年は誓願寺塔頭竹林院に隠居して茶室安楽庵を営み,風雅を楽しんだ。狂歌作者として広く諸人と贈答。安楽庵茶道の流祖。著「醒睡笑」「策伝和尚送答控」など。
  • あんらくあん:    【安楽庵】 京都,誓願寺にあった茶室。策伝が創建・命名。
  • あんらく-あん:    【安楽庵】京都,誓願寺にあった茶室。策伝が創建・命名。

隣接する単語

  1. "あんら" 意味
  2. "あんらおん" 意味
  3. "あんらく" 意味
  4. "あんらくあん" 意味
  5. "あんらくあんさくでん" 意味
  6. "あんらくいす" 意味
  7. "あんらくこく" 意味
  8. "あんらくし" 意味
  9. "あんらくしゅう" 意味
  10. "あんらくあん" 意味
  11. "あんらくあんさくでん" 意味
  12. "あんらくいす" 意味
  13. "あんらくこく" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社