あん-ご 意味

発音を聞く:
  • [1]
    【安居】
    (名)スル
    (仏)
    (梵 vārs.ika 雨期の意。インドの夏は雨期で,僧がその間外出すると草木虫などを踏み殺すおそれがあるとして寺などにこもって修行した雨安居に始まる)
    (1)僧が夏に一定期間,一か所にこもって修行すること。元来は陰暦四月一六日から七月一五日までの三か月間行われ,この間を一夏(イチゲ)という。現在は主として禅宗の修行道場で行われる。夏安居(ゲアンゴ)。夏行(ゲギヨウ)。夏籠(ゲゴモリ)。[季]夏。<+もっと...
  • ご-あんない:    [0] 【御案内】ごぞんじ。御承知。「皆様―のとおり」案内
  • :    「こ」の濁音の仮名。軟口蓋破裂音の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。現代共通語では,この音は主として語頭に用いられ,語中・語尾では,その頭子音が軟口蓋鼻音となるのが一般である。これを鼻濁音の「ご」といい,必要に応じ「こ(コ)」に半濁点「°」を付けて示すことがある。 〔奈良時代までは上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,発音上区別があったとされる〕 ; 枯れて落ちた松葉。 「―をたいて手拭
  • あん:    【何】 〔「なん」の転〕 不定称の指示代名詞。なに。 「やい市い,―とした/滑稽本・膝栗毛 2」 ; 【庵・菴】 (1)草葺(ブ)きの小家。僧侶・世捨て人・風流人などの住む,質素な小屋。いおり。草庵。 「―を結ぶ」 (2)雅号や住まい・料亭の名などに添えて接尾語的に用いる語。 「芭蕉―」 ; 【暗】 暗い部分。暗さ。 ⇔明 「明(メイ)と―に分かれる」 ; 【餡】 (1)小豆(アズキ)など

隣接する単語

  1. "あん-けん" 意味
  2. "あん-こ" 意味
  3. "あん-こう" 意味
  4. "あん-こく" 意味
  5. "あん-ころ" 意味
  6. "あん-ごう" 意味
  7. "あん-さく" 意味
  8. "あん-さつ" 意味
  9. "あん-ざ" 意味
  10. "あん-こく" 意味
  11. "あん-ころ" 意味
  12. "あん-ごう" 意味
  13. "あん-さく" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社