あん-ざ 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【安座・安坐】
    (名)スル
    (1)ゆったりと座ること。特に,あぐらをかくこと。
    (2)危急の際,何もしないでのんびりしていること。「その様子を見ると,手を束(ツカ)ねて―してゐられなくなる/浮雲(四迷)」

  • :    「さ」の濁音の仮名。歯茎破擦音(または歯茎摩擦音)の有声子音と後舌の広母音とから成る音節。 ; 〔打ち消しの助動詞「ず」に係助詞「は」の付いた「ずは」の転〕 打ち消しの仮定を表す。…なければ。ざあ。 「行か―なるまい」「さびたらばとが―なるまいが/狂言・連歌毘沙門」「見めもよいが,かたちもよいが,人だに振ら―,なほよかるらう/閑吟集」 〔現代語では「…ざ…まい」などの言い方に限られる〕
  • あん:    【何】 〔「なん」の転〕 不定称の指示代名詞。なに。 「やい市い,―とした/滑稽本・膝栗毛 2」 ; 【庵・菴】 (1)草葺(ブ)きの小家。僧侶・世捨て人・風流人などの住む,質素な小屋。いおり。草庵。 「―を結ぶ」 (2)雅号や住まい・料亭の名などに添えて接尾語的に用いる語。 「芭蕉―」 ; 【暗】 暗い部分。暗さ。 ⇔明 「明(メイ)と―に分かれる」 ; 【餡】 (1)小豆(アズキ)など
  • あん-あん:    [0] 【暗暗・闇闇】 (ト|タル)[文]形動タリ(1)ひそかなさま。はっきり言わないさま。「―のうちに了解した」(2)暗いさま。「四辺(アタリ)―として暗く/鉄仮面(涙香)」

隣接する単語

  1. "あん-ころ" 意味
  2. "あん-ご" 意味
  3. "あん-ごう" 意味
  4. "あん-さく" 意味
  5. "あん-さつ" 意味
  6. "あん-ざん" 意味
  7. "あん-し" 意味
  8. "あん-しつ" 意味
  9. "あん-しゃ" 意味
  10. "あん-さく" 意味
  11. "あん-さつ" 意味
  12. "あん-ざん" 意味
  13. "あん-し" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社