いいだたけさと 意味

発音を聞く:
  • 【飯田武郷】
    (1827-1900) 幕末・明治の国学者。信濃の人。通称,守人(モリト)。平田銕胤(カネタネ)に師事。東大・皇典講究所ほかの教授。主著「日本書紀通釈」

  • いいだ-たけさと:    イヒダ― 【飯田武郷】(1827-1900) 幕末・明治の国学者。信濃の人。通称,守人(モリト)。平田銕胤(カネタネ)に師事。東大・皇典講究所ほかの教授。主著「日本書紀通釈」
  • いいだただひこ:    【飯田忠彦】 (1798-1860) 幕末の歴史学者・勤王家。周防(スオウ)の人。「大日本史」を読んで感奮,独力で「野史」二九一巻を編む。桜田門外の変で取り調べを受け,憤激して自殺。他に著「諸家系譜」など。
  • いせ-さだたけ:    【伊勢貞丈】(1717-1784)(「貞丈」は「ていじょう」とも)江戸中期の故実家。号,安斎。江戸の人。武家故実の考証で家学伊勢流の一時代を画した。著「貞丈雑記」「安斎随筆」「軍用考」など。

隣接する単語

  1. "いいだしっぺ" 意味
  2. "いいだし-っぺ" 意味
  3. "いいだじけん" 意味
  4. "いいだす" 意味
  5. "いいだせん" 意味
  6. "いいだただひこ" 意味
  7. "いいだだこつ" 意味
  8. "いいだ-じけん" 意味
  9. "いいだ-せん" 意味
  10. "いいだす" 意味
  11. "いいだせん" 意味
  12. "いいだただひこ" 意味
  13. "いいだだこつ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社