いいづか 意味

発音を聞く:
  • 【飯塚】
    福岡県中北部の市。近世,長崎街道の宿場町。かつて筑豊炭田の中心。近年,商業が発展。

  • 【飯塚】
    姓氏の一。

  • いいづか-こうじ:    イヒヅカカウジ 【飯塚浩二】(1906-1970) 人文地理学者。東京生まれ。東大卒。東大東洋文化研究所長。著「地理学批判」「世界史における東洋社会」など。
  • いいづかこうじ:    【飯塚浩二】 (1906-1970) 人文地理学者。東京生まれ。東大卒。東大東洋文化研究所長。著「地理学批判」「世界史における東洋社会」など。
  • かいづか:    【貝塚】 大阪府南西部,大阪湾に面する市。願泉寺(貝塚御坊)の寺内町として発達。紡績業が盛ん。 ; 【貝塚】 姓氏の一。 ; 【貝塚】 古代人が食べた貝の殻などが堆積(タイセキ)したもの。ヨーロッパでは中石器時代以後,日本では縄文時代から弥生時代中期までのものが見られる。土器・石器・人骨・獣骨などがまじって発掘される。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 本名は飯塚 孝之(いいづか たかゆき)。
  2. 本名は飯塚実(いいづか みのる)。
  3. 飯塚哲太郎(いいづか てつたろう)は日本の物理学者。
  4. 飯塚市(いいづかし)は福岡県中部に位置する市である。
  5. 飯塚 仁樹(いいづか ひとき、- )は、日本の俳優。

隣接する単語

  1. "いいつづける" 意味
  2. "いいつのる" 意味
  3. "いいつめる" 意味
  4. "いいつらねる" 意味
  5. "いいつらのかわ" 意味
  6. "いいづかこうじ" 意味
  7. "いいづか-こうじ" 意味
  8. "いいづな" 意味
  9. "いいづなやま" 意味
  10. "いいつらねる" 意味
  11. "いいつらのかわ" 意味
  12. "いいづかこうじ" 意味
  13. "いいづか-こうじ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社