いいわける 意味

発音を聞く:
  • 【言(い)分ける】
    (1)筋道を立てて説明する。はっきりとわかるように言う。
    「如何なる事ぞと問ひけれども,朦朧として―・くる事もなし/御伽草子・狐」
    (2)事情などを話して人を分けて遣わす。
    「二人をのみぞ,この御方に―・けたりける/源氏(手習)」

  • いいわけ:    【言(い)訳・言(い)分け】 (1)自分の言動を正当化するために事情を説明すること。また,その説明。弁解。 「―は聞きたくない」 (2)筋道をたてて物事を説明すること。解説。 (3)過失・失敗などをわびること。謝罪。 「義理ある中の―と/人情本・梅児誉美 3」 (4)言葉をつかい分けること。《言分》「場面による―」
  • つかいわける:    【使い分ける】 目的や用途,また場面に応じて適切なものを選んで使う。 「まないたを―・ける」「言葉を―・ける」
  • ふるいわける:    【篩い分ける】 (1)篩を使ってより分ける。 「砂と小石を―・ける」 (2)条件や基準に合うものと合わないものをより分ける。 「合格品と不合格品とに―・ける」

隣接する単語

  1. "いいようほう" 意味
  2. "いいよどむ" 意味
  3. "いいよる" 意味
  4. "いいわく" 意味
  5. "いいわけ" 意味
  6. "いいわたし" 意味
  7. "いいわたす" 意味
  8. "いいわん" 意味
  9. "いいん" 意味
  10. "いいわく" 意味
  11. "いいわけ" 意味
  12. "いいわたし" 意味
  13. "いいわたす" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社