いい-きり 意味

発音を聞く:
  • イヒ― [0]
    【言(い)切り】

    末尾に用言・助詞・助動詞などがきて文が完結すること。文の終止。

  • いいきり:    【言(い)切り】 末尾に用言・助詞・助動詞などがきて文が完結すること。文の終止。
  • きり:    【切り・限り】 ※一※ ② (名) (1)物事がそこで終わりになる切れ目。区切り。ひと区切り。 「―のいいところでやめる」「―をつける」 (2)かぎり。限界。限度。 「ぐちを言い出せば―がない」 (3)芸能で,終わりの部分。(ア)能で,一曲の終わりの部分。また,「切能(キリノウ)」の略。(イ)浄瑠璃・歌舞伎で,一段・一幕の終わりの部分。また,「大切り」「切狂言(キリキヨウゲン)」の略。(ウ)寄
  • いい:    【飯】 米を蒸したり,炊いたりしたもの。麦・粟(アワ)などにもいう。 「家にあれば笥(ケ)に盛る―を/万葉 142」 ; 【楲】 池などから水を流すために地中に埋めた木製の樋(トイ)。戸を開閉して水量を調節する。 「鳥も居で幾よへぬらむ勝間田の池には―の跡だにもなし/後拾遺(雑四)」 ; 【遺意】 故人の意志。 「父の―を継ぐ」 ; 【井伊】 姓氏の一。江戸時代,近江彦根の譜代大名。遠江

隣接する単語

  1. "いい-き" 意味
  2. "いい-きか・す" 意味
  3. "いい-きか・せる" 意味
  4. "いい-きぜん" 意味
  5. "いい-きみ" 意味
  6. "いい-き・る" 意味
  7. "いい-ぎり" 意味
  8. "いい-くさ・す" 意味
  9. "いい-くだ・す" 意味
  10. "いい-きぜん" 意味
  11. "いい-きみ" 意味
  12. "いい-き・る" 意味
  13. "いい-ぎり" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社