いおり 意味

発音を聞く
  • 【庵・菴・廬】
    (1)僧侶や世捨て人などが住む粗末な小屋。庵室(アンシツ)。いお。
    「―を結ぶ」
    (2)小さな家。粗末な家。また,自分の家を謙遜していう語。
    (3)農作業などのための仮小屋。
    「秋田刈る旅の―にしぐれ降り/万葉 2235」
    (4)軍隊の宿営地。軍営。[和名抄]
    (5)家紋の一。{(1)}を図案化したもの。
    (6)「庵看板」の略。

  • いおりがた:    【庵形】 家の屋根をかたどった形。山形。屋根形。将棋頭形。
  • いおりてん:    【庵点】 「〽」の符号。文中に和歌・俳句,謡物などを記すときや,箇条書きの文書,連署の姓名などに付して確認済みの印とする。
  • いおり-がた:    イホリ― [0] 【庵形】家の屋根をかたどった形。山形。屋根形。将棋頭形。

例文

もっと例文:   次へ>
  1. このコードの中で実に目立っていおり;
  2. このコードの中で実に目立っていおり;
  3. モコナは? いおりょぎさんと一緒にいる!
  4. モコナは? いおりょぎさんと一緒にいる!
  5. モコナは? いおりょぎさんと一緒にいる!

隣接する単語

  1. "いおつ" 意味
  2. "いおとす" 意味
  3. "いおのめ" 意味
  4. "いおはたごろも" 意味
  5. "いおはた-ごろも" 意味
  6. "いおりかんばん" 意味
  7. "いおりがた" 意味
  8. "いおりてん" 意味
  9. "いおりにもっこう" 意味
  10. "いおはたごろも" 意味
  11. "いおはた-ごろも" 意味
  12. "いおりかんばん" 意味
  13. "いおりがた" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社