いお-つ 意味

発音を聞く:
  • イホ―
    【五百箇】

    五百個。数の多いことをいう語。名詞の上に付いて,多く接頭語のように用いる。「―御統(ミスマル)の瓊を以て/日本書紀(神代上訓)」

  • いお:    【庵・廬】 (1)草木や竹で作った仮の小屋。いおり。 「春霞たなびく田居に―つきて/万葉 2250」 (2)仮の住まい。いおり。 「我が―は宮このたつみしかぞ住む/古今(雑下)」 ; 【魚】 さかな。うお。 「白き鳥の…水のうへに遊びつつ―をくふ/伊勢 9」 ; 【五百】 (1)五百。 (2)数多いこと。 「今夜(コヨイ)の長さ―夜継ぎこそ/万葉 985」
  • :    (1)五十音図タ行第三段の仮名。歯茎破擦音の無声子音と後舌の狭母音とから成る音節。 (2)促音(つまる音)を表す仮名。促音の場合,現代仮名遣いではなるべく小書きにするとされている。 (3)平仮名「つ」,片仮名「ツ」は,ともに「州」の略体あるいは「川」の全画からか。 ; 【津】 三重県中部の市。県庁所在地。伊勢湾に臨み,古く,安濃津(アノツ)といい,三津(サンシン)の一。近世は藤堂氏の城下町。伊
  • いいお:    【飯尾】 姓氏の一。

隣接する単語

  1. "いおる" 意味
  2. "いおん" 意味
  3. "いおんびん" 意味
  4. "いお・る" 意味
  5. "いお-すき" 意味
  6. "いお-の-め" 意味
  7. "いか" 意味
  8. "いか∘ない" 意味
  9. "いか∘ぬ" 意味
  10. "いお・る" 意味
  11. "いお-すき" 意味
  12. "いお-の-め" 意味
  13. "いか" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社