いお 意味

発音を聞く:
  • 【庵・廬】
    (1)草木や竹で作った仮の小屋。いおり。
    「春霞たなびく田居に―つきて/万葉 2250」
    (2)仮の住まい。いおり。
    「我が―は宮このたつみしかぞ住む/古今(雑下)」

  • 【魚】
    さかな。うお。
    「白き鳥の…水のうへに遊びつつ―をくふ/伊勢 9」

  • 【五百】
    (1)五百。
    (2)数多いこと。
    「今夜(コヨイ)の長さ―夜継ぎこそ/万葉 985」

  • いいお:    【飯尾】 姓氏の一。
  • いおう:    【位襖】 ⇒いあお(位襖) ; 【已往】 ある時点よりも前。以前。 ; 【以往】 (1)ある時期よりのち。以後。 「明治―」 (2)(「已往」と混同されて)それ以前。 「又―には土御門院の御宇元久三年に/太平記 24」 ; 【易往】 〔仏〕 弥陀(ミダ)の本願によって極楽浄土にたやすく往生できること。 ; 【医王】 〔仏〕 (1)仏または菩薩(ボサツ)。衆生(シユジヨウ)の心の病をいやして悟
  • いおつ:    【五百箇】 五百個。数の多いことをいう語。名詞の上に付いて,多く接頭語のように用いる。 「―御統(ミスマル)の瓊を以て/日本書紀(神代上訓)」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. 収入が多いおかげで彼は安楽に暮らせた。
  2. この本はあの本と同じくらいおもしろい。
  3. この本どのくらいお借りしていいですか。
  4. 収入が多いおかげで彼は安楽に過ごせた。
  5. 彼女は面白いお話を作るのが得意である。

隣接する単語

  1. "いえ-もと" 意味
  2. "いえ-やしき" 意味
  3. "いえ-よう" 意味
  4. "いえ-らく" 意味
  5. "いえ-わらわ" 意味
  6. "いおう" 意味
  7. "いおういぎょう ①-◎◎-" 意味
  8. "いおうか" 意味
  9. "いおうさいきん" 意味
  10. "いえ-らく" 意味
  11. "いえ-わらわ" 意味
  12. "いおう" 意味
  13. "いおういぎょう ①-◎◎-" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社