いかだ-ごぼう 意味

発音を聞く:
  • ―バウ [4]
    【筏牛蒡】

    ごぼうの新弱根(ワカネ)をたたいて,筏の形に似せた料理。

  • いかだごぼう:    【筏牛蒡】 ごぼうの新弱根(ワカネ)をたたいて,筏の形に似せた料理。
  • ごぼう:    【御坊】 和歌山県西部,日高川河口にある市。製材業が盛ん。西本願寺日高別院(日高御坊)の門前町。 ; 【御坊・御房】 ※一※ (名) (1)寺院またはその僧坊の敬称。 (2)僧の敬称。 ※二※ (代) 二人称。僧に対して敬って呼びかける語。 「―の勤め給ふべき也/今昔 39」 ; 【牛蒡】 キク科の大形二年草。ユーラシア原産。葉は卵心形で柄が長い。茎は高さ1メートル以上になり,夏,頂に淡紫ま
  • きくごぼう:    【菊牛蒡】 (1)キク科の多年草。ヨーロッパ原産。高さ約80センチメートル。夏,黄色の花が咲く。若い葉はサラダに,長さ30センチメートルになる根は煮て食べる。 (2)モリアザミの俗称。

隣接する単語

  1. "いかだ師" 意味
  2. "いかだ舟" 意味
  3. "いかだ-かずら" 意味
  4. "いかだ-がた" 意味
  5. "いかだ-きそ" 意味
  6. "いかだ-し" 意味
  7. "いかだ-じぎょう" 意味
  8. "いかだ-ながし" 意味
  9. "いかだ-なます" 意味
  10. "いかだ-がた" 意味
  11. "いかだ-きそ" 意味
  12. "いかだ-し" 意味
  13. "いかだ-じぎょう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社