いか-ほど 意味

発音を聞く:
  • [0]
    【如何程】

    (副詞的にも用いる)
    (1)不明な分量や値段について問うときに用いる語。どれぐらい。どれほど。「―お入り用ですか」「そのバッグは―ですか」
    (2)程度がはなはだしいさま。どんなに。どれほど。「親の悲しみは―であろう」

  • いかほど:    【如何程】 (副詞的にも用いる) (1)不明な分量や値段について問うときに用いる語。どれぐらい。どれほど。 「―お入り用ですか」「そのバッグは―ですか」 (2)程度がはなはだしいさま。どんなに。どれほど。 「親の悲しみは―であろう」
  • ほど:    【塊・塊芋】 (1)マメ科のつる性多年草。山野に自生。茎は細長い。葉は互生し,狭卵形の五小葉が羽状につく。夏,腋生の総状花序に黄緑色の花を多数つける。塊根は球形で食用。ホドイモ。 (2)ハコネシダの異名。 ; 【火床】 (1)囲炉裏の中心の火をたく所。 (2)炉の燃焼室の床。 (3)金属鍛冶用の簡単な炉。 ; 【程】 (1)(ア)物事の度合。程度。 「身の―をわきまえない」「実力の―はよくわか
  • ほどほど:    【程程】 (1)あまり度を越さない程度。ちょうどよい程度。適度。 「運動も―にしておきなさい」 (2)身分相応。身分身分。 「―につけて書きかはしつつも/源氏(帚木)」

隣接する単語

  1. "いか-の-いわい" 意味
  2. "いか-の-こう" 意味
  3. "いか-の-すみ" 意味
  4. "いか-の-もちい" 意味
  5. "いか-ばかり" 意味
  6. "いか-ぼし" 意味
  7. "いか-もの" 意味
  8. "いか-よう" 意味
  9. "いか-ん" 意味
  10. "いか-の-もちい" 意味
  11. "いか-ばかり" 意味
  12. "いか-ぼし" 意味
  13. "いか-もの" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社