いがたわく 意味

発音を聞く:
  • 【鋳型枠】
    鋳型を作るとき,鋳物砂を詰める木または金属製の枠。

  • もくせいがたわくせい:    【木星型惑星】 太陽系内の,木星・土星・天王星・海王星のこと。地球型惑星と比べて,半径も質量もはるかに大きく,水素・ヘリウムなどを主成分とするガス体で,自転が速いなどの共通した性質をもつ。大惑星。 →地球型惑星
  • いがた-わく:    [3] 【鋳型枠】鋳型を作るとき,鋳物砂を詰める木または金属製の枠。
  • たわく:    【戯く】 ⇒たわける

例文

  1. 木星型惑星(もくせいがたわくせい)とは、惑星を分類する場合の、木星と類似の惑星の総称。
  2. 天王星型惑星(てんのうせいがたわくせい)とは、水やメタン、アンモニアが凝固した氷を主体とした巨大な惑星のこと。

隣接する単語

  1. "いがごえ-どうちゅうすごろく" 意味
  2. "いがごえ-の-あだうち" 意味
  3. "いがさ" 意味
  4. "いがた" 意味
  5. "いがたり" 意味
  6. "いがた-わく" 意味
  7. "いがっこう" 意味
  8. "いがとうめ" 意味
  9. "いがばかま" 意味
  10. "いがた" 意味
  11. "いがたり" 意味
  12. "いがた-わく" 意味
  13. "いがっこう" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社