いがた 意味

発音を聞く:
  • 【鋳型】
    (1)鋳物を鋳造するときに,溶かした金属を流し込む型。
    (2)物事をはめこむ一定の枠。きまりきった形。
    ――には・める
    形式ばった規則・規格で人間を一定の型に作りあげる。
    「生徒を―・めてしまう画一教育」

  • あいがた:    【藍型】 藍の濃淡で模様を染め出した型染め。特に,沖縄のものが知られる。ええがた。 →紅型(ビンガタ)
  • あいがたり:    【間語り】 能の語り間(アイ)でワキが語ること。 →語り間(アイ)
  • いいがたい:    【言(い)難い】 うまく言うことができない。言いにくい。 「何とも―・い味だ」「いわく―・い」

例文

もっと例文:   次へ>
  1. それは明らかに、満足すべきものとは言いがたい。
  2. 彼には仕えてくれる召し使いがたった一人しかいない。
  3. あまりに急いで書かれたので、その手紙には間違いがたくさんあった。
  4. 支払いがたまっているので、すぐにもっと稼ぎの良い仕事を探す必要がある。
  5. 何か拭いがたいひけ目を持った少年が、自分はひそかに選ばれた者だ、と考えるのは、当然ではあるまいか。

隣接する単語

  1. "いがごえどうちゅうすごろく" 意味
  2. "いがごえのあだうち" 意味
  3. "いがごえ-どうちゅうすごろく" 意味
  4. "いがごえ-の-あだうち" 意味
  5. "いがさ" 意味
  6. "いがたり" 意味
  7. "いがたわく" 意味
  8. "いがた-わく" 意味
  9. "いがっこう" 意味
  10. "いがごえ-の-あだうち" 意味
  11. "いがさ" 意味
  12. "いがたり" 意味
  13. "いがたわく" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社