いがらし-しんさい 意味

発音を聞く:
  • 【五十嵐信斎】
    室町時代の蒔絵(マキエ)師。五十嵐派の祖。足利義政に仕え諸調度に蒔絵を施し,幸阿弥派と並び称せられた。生没年未詳。

  • いがらししんさい:    【五十嵐信斎】 室町時代の蒔絵(マキエ)師。五十嵐派の祖。足利義政に仕え諸調度に蒔絵を施し,幸阿弥派と並び称せられた。生没年未詳。
  • いがらし:    【五十嵐】 姓氏の一。
  • いがらし-ちから:    【五十嵐力】(1874-1947) 国文学者。山形県生まれ。東京専門学校卒。坪内逍遥に師事。文章研究に力を注ぎ,独自の理論と分析を示した。早大文学部に国文学科を創設。著「文章講話」「国歌の胎生およびその発達」「軍記物語研究」「平安朝文学史」ほか。

隣接する単語

  1. "いがやき" 意味
  2. "いがらし" 意味
  3. "いがらししんさい" 意味
  4. "いがらしちから" 意味
  5. "いがらしどうほ" 意味
  6. "いがらし-ちから" 意味
  7. "いがらし-どうほ" 意味
  8. "いがらっぽい" 意味
  9. "いがらっ-ぽ・い" 意味
  10. "いがらしちから" 意味
  11. "いがらしどうほ" 意味
  12. "いがらし-ちから" 意味
  13. "いがらし-どうほ" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社