いきぼさつ 意味

発音を聞く:
  • 【生き菩薩】
    「生き仏(ボトケ){(1)}」に同じ。

  • いき-ぼさつ:    [3] 【生き菩薩】「生き仏(ボトケ){(1)}」に同じ。
  • ごだいりきぼさつ:    【五大力菩薩】 (1)大力のある五人の菩薩。金剛吼(ク)・竜王吼・無畏(ムイ)十力吼・雷電吼・無量力吼の各菩薩。仏教を敬い三宝を護持する国王の国を守るために派遣される。五大力。 (2)「五大力{(2)}」に同じ。 「印判おしたる上に―とそめと筆を動かせける/浮世草子・永代蔵 1」
  • ぼさつ:    【菩薩】 〔梵 bodhisattva の俗語 bot-sat の音写か〕 〔仏〕 (1)最高の悟りを開いて,仏になろうと発心して,修行に励む人。初めは前世で修行者だった釈迦をさす名称であったが,のちに大乗仏教では自己の悟りのみを目指す声聞(シヨウモン)・縁覚(エンガク)に対し,自利利他の両者を目指す大乗の修行者をいう。弥勒・観世音・地蔵などの高位の菩薩は仏に次ぐ存在として信仰される。菩提薩埵

隣接する単語

  1. "いきば" 意味
  2. "いきばる" 意味
  3. "いきふどう" 意味
  4. "いきぶれ" 意味
  5. "いきべんてん" 意味
  6. "いきぼとけ" 意味
  7. "いきぼん" 意味
  8. "いきまく" 意味
  9. "いきみ" 意味
  10. "いきぶれ" 意味
  11. "いきべんてん" 意味
  12. "いきぼとけ" 意味
  13. "いきぼん" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社