いき-み 意味

発音を聞く:
  • [2][3]
    【生き身】

    生きているからだ。なまみ。
    死に身
    「―の人間」
    ――に餌食(エジキ)
    生きてさえいれば自然と食べ物は得られる。「―,天道人を殺さず/浄瑠璃・生玉心中(上)」
    ――は死に身
    生きている者は,必ず死ぬということ。生者必滅。

  • み-びいき:    [2] 【身贔屓】 (名・形動)[文]ナリ自分に関係あるものを特にひいきする・こと(さま)。「―な評」「同窓生を―する」
  • :    (1)五十音図マ行第二段の仮名。両唇鼻音の有声子音と前舌の狭母音とから成る音節。 (2)平仮名「み」は「美」の草体。片仮名「ミ」は「三」の全画。 〔奈良時代までは,上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり,発音上区別があったとされる〕 ; 【水】 みず。「汀(ミギワ)」「源(ミナモト)」「垂水(タルミ)」など他の語と複合した形でみられる。 ; 【三】 みっつ。さん。物を数えるときなどに用いる。 「
  • いき:    【壱岐】 (1)旧国名の一。壱岐全島にあたる。 (2)長崎県北部,玄界灘にある島。古来,対馬(ツシマ)とともに朝鮮航路の要地。全島低平な溶岩台地。面積134平方キロメートル。いきのしま。 ; 【遺棄】 (1)捨てておくこと。そのままほうっておくこと。 「死体を―する」 (2)〔法〕(ア)刑法上,遺棄罪となる行為。 →遺棄罪 (イ)民法上,夫婦・養子縁組の一方が,相手に対する扶養義務を怠ること。

隣接する単語

  1. "いき-べんてん" 意味
  2. "いき-ぼさつ" 意味
  3. "いき-ぼとけ" 意味
  4. "いき-ぼん" 意味
  5. "いき-ま・く" 意味
  6. "いき-みたま" 意味
  7. "いき-もの" 意味
  8. "いき-やか" 意味
  9. "いき-やくし" 意味
  10. "いき-ぼん" 意味
  11. "いき-ま・く" 意味
  12. "いき-みたま" 意味
  13. "いき-もの" 意味
パソコン版で見る

著作権 © 2023 WordTech 株式会社